Release Blog

犬のからだメンテナンス 腱のケア*RELEASE(リリース)です。

ケアわんこ

ヒトの脚をケアしてみた。

我が家の息子クン。
小さい時からサッカーをやっていて、社会人の今もサッカーやらフットサルやら
毎週末あちこちで参加しているようです。

そんなサッカー大好きの彼ですが、
既に小学生の時から大きな捻挫をしたりして、その後も何度も繰り返し、
中学生の時には既に捻挫がくせになって足首はグラグラ。
もうサポーター無しで走らない方がよいとまで言われるようになってしまいました。

あまり会話のない我が家ですが(^^;)、最近彼が
「なんか最近サッカー下手になっちゃった 足首が固くなって動かなくなってる。。。
 思ったところに蹴れなくなっちゃった」 と突然言うのです。

以前、養成中にガッチガチに筋肉質の彼の足で練習させてもらおうと「脚貸して♪」と
やらせてもらったところ、その後痛みが出たと言ってそれから触らせてもらえませんでした

珍しく彼から話しかけてきたので、チャンス!とばかりに
「ケアしてあげよっかっ」というと、素直にOKヤッター!!

足首触ってみると、動かないという右足の踝(くるぶし)と
アキレス腱がカキンコキンに固い!
床に座って足を伸ばしてみると、
足首が固くて60度くらいしか立たせることが出来ません。
甲の部分を中心に20分くらいケアをして、・・・・・・「どう
90度以上曲がる左足と並べて比べた彼、「ほんとだ、曲がってるー
両足揃えて曲がっている自分の足首にびっくりしていました
あー、写真撮っておけばよかったな~。

これでまたしばらく、楽しく上手にサッカーできることでしょう♪

しかし、自分でも
こんなに短時間でも、あんなにカチンコチンの足にもしっかり結果が出ることにびっくり!
誰かわたしにもやってくれないかな~


2014年初ケア♪

ビスコちゃん 今年最初のケアのお客様。
 ジャックラッセルテリアのビスコちゃんです。
 
 今回で3回目ですが、パパさんに抑えてもらわなくても
 自分から私の前に来て、背中を向けて座ってくれました

 ウトウトしながら、最後には気持ち良さそうに
 本当に眠ってしまっていたようです

ビスコちゃんはこれまでもいろいろな病気と闘って頑張っています。
その中でも、自己免疫疾患による関節炎(人間でいうリウマチのような症状)が数年前から出始め、その影響もあって左後脚を痛めてしまい、その脚を使えなくなっていました。
こちらが1回目の様子。
動画はケア後なのですが、左後脚を使えている様子が見られて嬉しかったです(^^)
(※お写真・リンクはご本人の許可をいただいて掲載しています)

パパさんもママさんもケアをとても気に入ってくださっていて、
ビスコちゃんと一緒にケアを心待ちにしてくださっているといういうこと♪
ありがとうございます!
これからも少しでも身体が楽になるお手伝いができるように頑張ります


ギャラリー
  • ヒトの脚をケアしてみた。
  • 2014年初ケア♪
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ